Remember beautiful scenery ”Rosebank”

Remember beautiful scenery ”Rosebank”

投稿日 2017年5月28日, 投稿者 , カテゴリー 最新情報, With Remember beautiful scenery ”Rosebank” はコメントを受け付けていません。

たまに思い出しては開封していきたいものです。今は無き蒸留所というのは。

Bottle Data

Regions Whisky Rosebank 16years (1991~2007)  56.1%

 

当時、ザ・ウイスキー・エクスチェンジ社より2007年前後に単発で販売されていた”リージョンズ・ウイスキー”シリーズです。

イギリス・ロンドンに拠点を構える酒類専門会社”ザ・ウイスキー・エクスチェンジ社”は、スピリッツへの情熱と40年間の豊富な経験を持つシャキンダー・シン氏とラジャバー・シン氏の2人の兄弟によって創設されました。日本ではボトラーズブランドとしての知名度の方が高いかと思います。 この会社は1999年に自社ウェブサイトに着手し、オンライン取引を開始しました。当時の取り扱う商品の数はざっと1,500以上のウイスキー類、100以上のコニャックやその他スピリッツなど、とても豊富なラインナップを誇っていました。そして今でも更なる進化を遂げていて、もっと幅広く数々のシングルモルトウイスキーを発売しています。

この”リージョンズ・ウイスキー”シリーズは、まさに言葉通りスコットランドの「各地域に富んだシングルモルト」に注目したものでした。シンプルなラベルデザインですがとても分かりやすい情報提示がされています。また例えばスペイサイドは青、アイランドは茶色と言ったように各地域で色合いが異なるるようにもしています。ただ、このシリーズは当時からザ・ウイスキー・エクスチェンジ社のウェブサイトにも掲載が無かった為、とても情報が少なかったように思えました。一応、”The Whisky Experience Ltd”とラベルには記載されているのがせめてもの幸いなことだと思います。 また、2008年には同じようなコンセプトで”リージョンズ・オブ・スコットランド”というシリーズでローズバンク、リンリスゴー(セント・マクデラン)が販売されていました。

今思うと、とても贅沢なボトルが定期的にリリースされていたととても感慨深くなります。

是非とも失われた時間をご賞味くださいませ。