京都ドライジン 日本の深い香りを演出 ”季のTEA”

京都ドライジン 日本の深い香りを演出 ”季のTEA”

投稿日 2017年6月19日, 投稿者 , カテゴリー 最新情報, With 京都ドライジン 日本の深い香りを演出 ”季のTEA” はコメントを受け付けていません。

和のジンで有名な”季の美”からお茶のエッセンスを引き上げた限定ボトルの入荷です。

 

Bottle Data

季のTEA 京都ドライジン 45%(酒税法の規定によりラベル表記は45%となっていますが、実際には45.7度でボトリング)
季の美に使用されている『お茶のエッセンス』を特に引き上げたタイプとなります。
これは、京都宇治市にある明治12年創業の老舗茶舗「堀井七茗園」とのコラボレーションで生まれたとのことで、 室町時代に足利将軍が指定した後世宇治七茗園の中で唯一現存する「奥の山」茶園で栽培した玉露と碾茶(てんちゃ)を「季のTEA」のためだけに特別な配合でブレンドして、お茶の深い香りと旨みをじっくりと引き出して蒸溜しています。

香りは独特な覆い香、味わいはホワイトチョコレートとシトラスの後にジュニパーが感じられる、ちょっとユニークな味わいと思います。季の美と同様、ストレートかジン・スリングのスタイルで頂くのがお薦めですね。
ジンの中に風雅な「和」の味わいを是非ともお楽しみいただけると幸いです。是非とも一度はお試し下さい。