Traditional Style ”SAVANNA”

Traditional Style ”SAVANNA”

投稿日 2017年6月28日, 投稿者 , カテゴリー 最新情報, With Traditional Style ”SAVANNA” はコメントを受け付けていません。

ウイスキー好きやコニャック愛好家の方々にもお薦めしたいラムです。

 

Bottle Data

RUM  NATION  ”RARE  RUMS”  SAVANNA 15years  (2001~2016)52.8% Bottle Release:480 Cask Type:Second Fill Cognac Cask

 

フランス領レユニオン島にてサヴァンナ蒸留所が存在しており、今回のこのラムのユニークさはこのレユニオンその現地にて熟成させている通称”トロピカル熟成”がキーワードとなっています。

トロピカルエイジングとは、その原産地のトロピカルな気候の中で蒸留され、熟成されていることを指しています。

というのは、こういったラムの場合、熟成の段階にてその現地で熟成させるか、もしくは本国ヨーロッパに運んで熟成させるかを思慮に入れることがあるからです。

その理由としては、その土地の持つ個性に秘密があります。

レユニオンで熟成させた場合、その温暖な気候と湿気の効果は熟成を早め、その木樽の作用をさらに高める効果があるからです。そのため比較的短期間の熟成であっても、既に充分なほど練り込まれた香りが出てきます。ただ、全てが温暖な気候で熟成させた方が決していいとは限らないのが熟成の魔法と個人的には思います。

木樽の成分が短期間でよく出るトロピカル熟成と、ヨーロッパのように涼しい環境でゆっくりと熟成させたラムではその個性に大きな違いが出るのも確かなことです。

力強い味わいのトロピカルエイジングかゆっくり熟成させて繊細な味わいのヨーロッパ熟成かは、個人の好みによるところと思います。ただ、一つ言えるのはこのラムは決して決して期待を裏切らない美味しさがこのボトルの中に存在することは確かだと言えます。

そんな南国の風を感じるラムですが、是非とも一度はお試しいただけると幸いです。