Barで味わうチョコレート、アールガッドの新作“フェヌグリーク”入荷です

Barで味わうチョコレート、アールガッドの新作“フェヌグリーク”入荷です

投稿日 2017年12月13日, 投稿者 , カテゴリー 最新情報, With Barで味わうチョコレート、アールガッドの新作“フェヌグリーク”入荷です はコメントを受け付けていません。

今年最後のアールガッドの新作チョコです。

 

 

 

「フェヌグリーク」
メティとも呼ばれるマメ科のハーブ、フェヌグリークを使用したガナシュ。
香気成分のソトロンは高濃度ではカレー、低濃度ではメープルシロップなどの糖蜜系の香りがします。

 

フェヌグリーク(Fenugreek フェネグリークとも呼ばれている)は学名をトリゴネラ・フォエヌム・グラエクムといいます。

マメ科の一年草植物で、枝分かれしながら高さ30~60cmまでに成長、大体6月~8月にかけて黄色か白い花を咲かせて、そのあとに細長い果実をつけるのが特徴です。そしてその果実が熟したらそれごと収穫し、乾燥させた後に種子を取り出しさらに乾燥させて食材に使用します。

地中海地方原産で、古くから中近東、主にアフリカやインドで栽培されているとのこと。 香辛料でよく使用し、色は濃い目のベージュ、形はどちらかと言うと四角形、生のまま噛むと粘液質であとから少し苦味が感じられます。

調理の加減によっては料理からスイーツまで幅広く使用される香辛料の一つと言えますね。

個人的に、最近ではサンバル(南インドの野菜カレー)で使用しているのを見かけましたが、この香辛料をテーマにチョコレートを作っているのを見たのはアールガッドが初めてでした。

是非とも一度はお試しいただけると幸いです。さらなるお酒の楽しみ方が広がることを願いながら。