Pampero 1992 26y for Bar Screw Driver and KINKO 57.4%

Pampero 1992 26y for Bar Screw Driver and KINKO 57.4%

登録日 2019年12月23日 登録者 ボトルカテゴリー Rum・Rhum・Ron ボトラー KINKO, Bar Private Bottling ボトルタグ IN STOCK

パンペロ 1992 26年 スクリュードライバー&KINKO 57.4%

1992~2019年にてボトリング、カスクタイプはバレルを使用しておりボトリング本数は157本限定となる。バー・スクリュードライバーは東京・吉祥寺にあり日本ラム協会の会長を務める海老沢忍氏がオーナーのラム専門店。
このボトルは九州にある酒販店KINKOと海老沢氏がセレクトしたものとなる。ラムというスピリッツは、生産される風土やその他の条件の関係で熟成25年以上は滅多に市場には出てこないのが通例となっている。今回のこのパンペロは熟成年数もさることながらカスクストレングスでのボトリングは非常に稀な蒸留所ということもあり、とてもレアなケースと考えられる。

テイスティングコメント:香りはスイーツと珈琲を楽しむ午後のカフェタイムを想わせる。モンブラン・カフェラテ・バニラの甘さ、バター・クルミ・アーモンドの香ばしいオイリーさ、ドライフルーツのいちじく、アプリコット、マンゴーの香しさが複雑に入り混じりとてもリッチ。味わいはメープルシロップの艶やかな甘味や、塩キャラメルのようなミルキーで滑らかな甘味を感じ、ブラックペッパー、ドライジンジャーのスパイシーさへと変化する。何層にも重なる味わいはナツメグやシナモン、クローブのような風味からオレンジビターズやアールグレイの茶葉、キャラメリゼした林檎のほろ苦い余韻はとても長い。アフターは鼻孔には熟成した葉巻やビターチョコレート、干しブドウ等のニュアンスが残り、心地よい余韻は更に長く続く。(スクリュードライバー海老沢氏のテイスティングコメントを参照)

是非お勧めします。