シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ

シングルモルト宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ

登録日 2020年5月10日 登録者 ボトルカテゴリー Nikka ボトルタグ IN STOCK

Single Malt Miyagikyo  Apple Brandy Wood Finish

Distilled: –
Bottled: –
Age: Non Age
Strength: 47%
Cask Type: -(Apple Brandy Cask 6months)
Bottles:  6,450bottling

Comment: 2020年にてニッカウヰスキー創業者竹鶴政孝氏と妻リタさんの結婚100周年にあたる。竹鶴政孝氏は1920年にリタさんと結婚、1934年に大日本果汁株式会社(現ニッカウヰスキー株式会社)を創業するが、ウイスキーは熟成に時間がかかるため創業の黎明期を支えたのは当初りんごを原料にした商品だった逸話は有名な話となっている。竹鶴氏の夢に生涯寄り添い続けたリタさんと、ニッカウヰスキーを支えたりんごへの深い敬愛を込めて、今回のアニバーサリーボトリングには余市ウイスキーと宮城峡ウイスキーを各々アップルブランデー樽でフィニッシュさせたものをセレクトしている。熟成年数の記載はないが通常の熟成後に、アップルブランデーを28年間以上熟成させていた樽で約6か月間さらに熟成させているとのこと。また冷却ろ過を行わずにボトリング。
ラベルデザインにはりんごのイラストと、りんご柄のドット模様をラベル下部とキャップシールに使用しており、アップルブランデー樽でもたらされる華やかな味わいを表現したとのこと。また、りんご柄のドットの中に一部ハートが隠されている、遊び心のあるデザインがなされている。

Tasting comment: 香りは爽やかな甘さがあり、シナモンパウダー、湿ったウッディさ、埃っぽさのあるフィグが徐々に感じられる。味わいは爽やかなカルヴァドス、シードルによくある酸味、ドライフルーツの入ったケーキ。フィニッシュは分かりやすい酸味と甘みがあり、ちょっとスパイシーさが残る。