Celebrated “Long John”

Celebrated “Long John”

投稿日 2017年7月25日, 投稿者 , カテゴリー 最新情報, With Celebrated “Long John” はコメントを受け付けていません。

以前に入荷したボトルですが、とてもバランスの良いクラシカルな味わいが楽しめます。

 

Bottle Data

Official limited BenNevis McDONALD’S  185Anniversary 46%

 

ベンネヴィス蒸留所の創業185年記念ボトルにあたります。なかなか歴史を感じさせる洒落たなデザインラベルだなっと、個人的には思います。

スコットランド最高峰の山、ベンネヴィスの麓の近くに位置するベン・ネヴィス蒸溜所は1825年にジョン・マクドナルドによって設立されました。

彼は身長が193cmと、当時としては背丈がとても高かったことから”ロングジョン”と皆から呼ばれて親しまれていました。余程皆から人気があったのか、ブレンデッドウイスキーでも彼の愛称を商品名にした”ロングジョン”という銘柄があるくらいです。(興味があればこのロングジョンの逸話はネットなどでも検索できますので調べてみてください)
また、この蒸溜所はモルトウイスキーとグレーンウイスキーを同時に生産する業者としても歴史が長いことでも知られています。しかし、ここも1980年代のウイスキー不況時代でモスボール(一時休業)をたびたび重ね、1989年には日本のニッカウヰスキーが取得し現在に至ることとなります。

今や、ブレンデットウイスキーのロングジョンの銘柄は他の企業が販売権を所有していますし、またキーモルトはトーモアの方がメインであるので、もうベンネヴィスというウイスキーとジョン・マクドナルドの関係はたまに語られるバーでのお酒の摘まみの方がよく聞く話なのかもしれませんね。

よければその蒸留所がどうしてできたのか、どんな方が創業したのかということを今日くらいは考えながらそのウイスキーを飲んでみても面白いかもしれません。 是非とも一度はお試しいただけると幸いです。