プランテーション ジャマイカ&ガイアナ アランカスク for Arran Ambassdor Shinanoya ⒛周年記念 48% 

プランテーション ジャマイカ&ガイアナ アランカスク for Arran Ambassdor Shinanoya ⒛周年記念 48% 

登録日 2017年2月16日 登録者 ボトルカテゴリー Rum・Rhum・Ron ボトラー 信濃屋

1995〜2015年瓶詰め。 プランテーションから信濃屋プライベートボトリング・ラム第7弾にあたる。今回はフェラン社(スピリッツ全般を手掛ける生産者)からプロデュースする、独自のダブルエイジング技術を用いて、新たなポテンシャルを秘めた原酒をリリース。これはラムの世界では珍しいジャマイカとガイアナに所在する2つの蒸留所原酒を用いたブレンデッドラムを使用。蒸留所名は非公開となるが、いずれも英国系の生産地であり、その作りは単式蒸留となるなどスコッチの伝統を引き継いだものとなる。 蒸留後は現地の樽の中でラムとしてのベースが育まれ、コニャック地方に運ばれた後はダブルエイジング技術を用い、さらに一段高い完成度が実現した原酒。そのダブルエイジングの仕上げとして後熟に用いられたのは2015年に創業20周年を向かえるアラン蒸留所の空き樽を使用。 【香り】ジャマイカのスモーキーな香りと新品の皮製品の様なエナメル香、奥から薬品臭、茹でたサトウキビ。 【味わい】デメララシュガー、ビターチョコレート、アカシアの蜂蜜、甘く重いフレイバーからバナナチップス、焼き菓子、少しトフィー、徐々にオークのスパイス。【フィニッシュ】心地良く甘くビター、飲みかけのエスプレッソにデメララ香。 甘さと複雑なコクに心躍る一杯となっている。 是非お薦めします。