イチローズモルト the GAME 7th 秩父 for SHINANOYA private botting 10th Anniversary 61.3%

イチローズモルト the GAME 7th 秩父 for SHINANOYA private botting 10th Anniversary 61.3%

登録日 2018年4月19日 登録者 ボトルカテゴリー Ichiro's Malt (Chichibu&Hanyu) ボトラー 信濃屋 ボトルタグ IN STOCK

2011~2017年にてボトリング、カスクタイプは マデイラホグスヘッドを使用。 2007年から続く信濃屋プライベートボトリングの10周年記念ボトルの第5弾にあたる。またこのthe GAMEシリーズはイチローズモルトと信濃屋のジョイントボトリングとして第7弾となるが、今回は初となる秩父蒸留所の原酒(それまでは羽生蒸留所を採用していた)を採用。2017年7月に信濃屋スピリッツバイヤー北梶氏が現地を訪問し、肥土氏、ブランドアンバサダーの川氏を交えて、既に厳選された秀逸なカスクサンプル達より本リリースに相応しい1樽を特別にセレクト。このマデイラワインカスクで熟成を重ねた原酒は、シングルカスクでは過去に1度しかリリースされていない(2017年現在)とのことでサンプルとしてもとても貴重な存在にあたる。  また初の秩父原酒ということもあり、ラベルデザインにも気迫を感じるものにしており、今回は確認されている最古のGAMEとされる紀元前3500年頃の古代エジプト時代の「セネト」を採用。そしてこれまでのボトリングと同様に、前弾6thと共に次のリリースに繋がるヒントがラベルのどこかに隠されているとのこと。

テイスティングコメント:【香り】ブアル(中甘口)のマディラワイン、濃厚なレーズン、シロップ付けの果物、シナモン、キナ、奥から微かに松茸の香り。【味わい】口に含むと、プルーン、イチジク、アプリコット、黒葡萄のフーセンガム、ダージリン紅茶、ややナッティでパイプの煙草の甘い味わい。【フィニッシュ】クランベリー、ブラッドオレンジ、終始甘苦い味わいは続き、徐々にジンジャーやグリーンペッパーのスパイス。

是非お薦めします。